やっぱり怖くて着物が着れなかった…3.11

2013.03.11 17:14|東日本大震災
半襟を変えようか
2011年3月11日の14時半頃、私は裄が合わず縫い付けた色無地の袖をほどいていました。
母の絵羽織が着たくて、でも私の色無地より1㎝裄が短かかったから、どうせ脱がないしと縫い付け出席した卒業式。
帰宅して、遅い昼食をとり、着物をひろげ、ハサミと針をおいたその時、あの地震がおきました。
いつもより大きな地震だったけれど、「来る、来る」と言われ続けていた宮城県沖地震。
それだろうと、さほど大事とは思わなかったあの瞬間。
実際はその何倍も恐ろしい地震だったのに。

数日前から、どこのTV番組も3.11追悼番組。見れば見るほど想いだし、涙がこぼれそうな話や光景。
今日も朝からそんな番組がたくさんありました。
用事があって出かけて戻った14時過ぎ。ちょうど姉妹屋さんが掲載された「七緒」も買ったことだし、ちょっと着物テンションがあがって、着ようかな…と一瞬考えました。
ここ数日ずっと迷ってたこと。
「3.11は着物を着ようかどうしようか」
休みの日だったし、着物で出かけようとも思っていたのですが、用事も出来たので着物を出したもののそのまま。
半襟がまだ「雪」だったので、着ないなら、せめて付け替えようと思ったのですが、ふと2年前と同じように、着物をひろげ裁縫箱を開けたことに、不安を覚え、しまってしまいました。
なんだかまた同じことを繰り返しそうなそんな錯覚におそわれました。


2013.3.11

今朝起きた時、うっすら積もっていた庭の雪。
悪夢のような3.11から一夜あけて、凍るような寒さの朝のあの光景が思い出されるような、そんな景色でした。

昨日からの強風が残って、寒い一日だったけど、今日は穏やかな青空の2013年3月11日。
来年は、3.11でも着物が着れるようになっているといいな。

Posted by uheuhe
関連記事
足跡、感想等々着物女子の皆様、コメント残していただけたら嬉しいです♪アドバイスなどお待ちしています にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ
ランキング参加中ですポチっと応援お願いします♪

Glass Craft 六根 2017年イベント・作品展
京都百万遍 シサム工房・・・展示中
神戸 サンチカ「群芸会・春の作品展」 4/13~4/18
宮城県 藤田喬平ガラス美術館 3/15~4/12
                  
            

Comment

No title

大変でしたね。

私は今日は、家で、自分が持っている中で、一番黒っぽい着物を着て過ごしました。
テレビも、あんまりたくさんは見れなかったです。
悲しくて。

中越地震も柏崎沖地震もありましたが、それよりもっとすごい地震でしたもんね。

充分に悲しんだ方がいいですよ。
思いだし、悲しんで、また次の日を送って。
そうするしかない。
それでいいんだと思います。

No title

2年前のこの日、uheさんは卒業式の日でしたね。
とてもよく覚えています。
その後のブログで震災後の町の様子の写真を見て衝撃を受けました。
uheさん来年は着れるといいですね。
被災されたみなさんに笑顔が戻ることをお祈りしています。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

こぶた様

新潟も地震がありましたよね。
日本に住んでいれば避けて通れないことだとはわかっていてもやはり地震はおきてほしくないです。

前を読んでいただければわかるかと思いますが
私は自宅が高台にあるため直接的な津波被害は受けていません。
幸い家族も無事でした。
ただ、仕事に行けなかったり、家族が原発の影響で避難をよぎなくされたりと全く何もなかったわけでもないです。
そして、津波においかけられたり、味わった恐怖は自分が思っている以上に心に残っています。
ただ、悲しみがあるかといったら…よくわかりません。
さら地を見たり、津波モニュメントを見たり、本当に被災した人と話すたび涙が出ます。
でも、それが「悲しみ」なのかと言われたら…正直わかりません。

> 充分に悲しんだ方がいいですよ。

こぶたさんが仰ることももっともなのかもしれませんが
ごめんなさい、うまく言えないけど、被災地にいる被災した人達に、その言葉を言う勇気は私には…ないです。

Re: No title

mamesukeさん

2年前…mamesukeさんのブログにお邪魔するようになってすぐでしたね。
皆さんのブログを見ては涙して、なんでこんなことになったんだろうって…どうしようもない思いを抱えながら過ごしてました。
「生きる」ってことをあんなに考えた日々はなかったと思います。

着物を着る…簡単なことだし、着れない状況にはないのですが、なんというかあの頃も思った「罪悪感」のような想いがあります。
私が、被災した方と接する機会が多い仕事をしているからかもしれませんね。

私の街もだいぶ片付いて、被害をうけた建物はほとんど取り壊され、もとの風景すら思い出せない街並みになっています。
一歩ずつ進んでいるようで、2年たってもこれだけなのかと思うことも多いです。
来年、どんな想いで着物を手にするんでしょうね、私は。
心穏やかに着物が着れたらいいなと思います。

そして、一人でも多くの人が、心穏やかに笑顔で過ごせたらと私も祈らずにはいられません。


Re: No title

はじめまして。
コメントありがとうございます。

私こそ、うまく言えない文章でごめんなさい。
でも、何か受け取っていただけたのであれば嬉しいです。
偽善者、罪悪感、日本中の多くの人が感じたことだと思います。
被災地にいてもそれは同じですよ。

何かを受け取ってもらえて、忘れずにいてもらえれば、それだけでもいいんじゃないかって思います。

忘れないで、そして何でもいいです、小さなことでいいんです。
例えば買い物でもいいんです。
産地を見てもし東北だったら…
「被災したところかな」って思い出してくれたら、それを作った人の想いも受け取ることになると思います。

また遊びに来てください。
楽しい着物ネタの時にでも(笑)お待ちしています。

非公開コメント

あなたは 人目のお客様デス
| 2017.04 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
◆プロフィール◆

uhe

Author:uhe
宮城県人uheと大阪人GXCX6 Kaori
2人のプロフィールはこちらプロフィールはこちらをクリック♪

◆最新記事◆

◆最新コメント◆

◆つぶやいてます◆

◆カテゴリ◆

◆Glass Craft 六根◆

ガラスアクセサリー・ガラスの帯留め

Glass Craft 六根ロゴ

◆ Links ◆

ランキング参加してます☆

応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物へ  にほんブログ村 写真ブログ カメラ女子(女性初心者)へ

メール☆お問い合わせ

リンク等のご連絡はこちらから♪

お名前:
メール:
件名:
本文:

◆月別アーカイブ◆

QRコード

QR

ページトップへ